Google I / O 2015:GoogleがBrilloをInternet of Thingsのオペレーティングシステムとして発表

サンフランシスコ – 数週間の憶測を経て、Googleは、インターネットの大手オペレーティングシステム「Project Brillo」を発表しました。

Google I / O開発者サミットの初日にGoogleのシニアバイスプレジデント、Sundar Pichai氏は、「想像を絶する可能性があります。

ピチャイによれば、最も一般的なことは、今話題になっているのはスマートな家です。

Google I / O 2015

ピカイは、スマートフォンや都市の公共交通機関から農場を運営する農業従事者が同じプラットフォーム上のトラフィックから駐車場までを想像するよう提案しました。

しかし、Pichaiは、開発者と消費者の両方にとって、多くのハードルを認めています。

あなたはソフトウェアスタックを構築する方法を知らない」とPichaiは聴衆の開発者たちに語った。「ユーザーにとって、この作業をすべて一緒にするのは本当に混乱している。

Pichaiは、伝統的な機器を持ち、サーモスタットと煙探知機を備えたユーザーのために再構築するために、遅くともGoogleの最も注目すべき数十億ドルの買収の1つであるNestを信用しました。

したがって、PichaiはGoogleがBrilloという形でインターネットの「基本的に異なるアプローチ」をとることを約束しました。

Androidから派生したもの(またはPichaiが記述したように、「磨き落とした」)として、Brilloは最小限のフットプリントを提示する一方、幅広いシリコンサポートと基本的な接続性の期待(Bluetooth、WI-Fiなど)を保証します。デバイスマネージャは、プロビジョニングおよび継続的な管理に集中コンソールを使用できます。

GoogleのI / Oに先駆けて、検索の巨人といくつかの弱点が浮上しています。大きな疑問は、検索巨人が急激な進路を進めることができるかどうかである。

Brilloの中心にあるコミュニケーション層Weaveは、センサとデバイスが共有言語でクラウド上で通信できるようにします。また、ウィジェットは、開発者APIをクロスプラットフォームで公開し、音声対応オーブンなどのアクションをサポートします。

どのAndroid搭載端末でもBrilloとWeaveを認識できるはずです。つまり、ユーザーは携帯電話を開いたり、接続されたデバイスを設定したりできます。

Brilloは2015年第3四半期に開発者のプレビューを行い、第4四半期にはWeaveのフルスタックを予定しています。

ギャラリー:Google I / O 2015:Googleのスマートホームの青写真はまだドラフト段階にあります

Google I / O

Googleはソーシャルキャッチアップをやります;ビッグベット:機械学習、AIは式を獲得する、GoogleはAppleに圧力をかける、Google HomeはAmazon Echoを目指す、Inside Android Wear 2.0、Androidスタジオ2.2はプレビューになります

モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンが安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhone、Appleの耐水iPhone 7の保証は液体のダメージをカバーしない;移動性;オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止する; Telcos、Telstra、Ericsson、Qualcommが1Gbpsの合計速度ライブ4Gネットワ​​ークテストで

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成