Facebookは中国の営業所を設立したと伝えられている

Facebookは、ソーシャルメディアサイトへのアクセスが国内でブロックされているにもかかわらず、中国に営業所を設置するとされていると伝えられている。

米国企業は、1年以内に本社を開設する予定で、ブルームバーグによると、この問題に精通している情報源を引用しているグローバルなプラットフォームで広告を出したいと考えている地元企業と協力することができる。北京の中央商業地区にあるフォーチュン・ファイナンシャル・センターのオフィススペースを借りるためにFacebookが話し合っていたが、営業担当者をサポートするフルタイムのスタッフや請負業者を雇うかどうかは決まっていなかった。

そうであれば、ローカルユーザーがVPN経由でサイトにアクセスするのを止めていないにもかかわらず、サービスが検閲されたままの中国ではじめてソーシャルメディア大手になるだろう。

ウェブサイトのインタビューでは、Facebookのアジア太平洋地域副社長ダニ・ニーリー氏は昨年、中国の企業がウェブサイトを通じて世界の視聴者に商品を宣伝するために、現地のリセラーと協力していると語った。 「私たちの使命は、世界をつなぐことであり、13億人の中国人口がなければ、それを実現できないことに気付くだろう。戦略的には、中国は引き続き我々が考えているものだ」とNeary氏は言う。アジアの経済大国に対応するFacebookの中国専用バージョン

ブルームバーグの報道によると、Facebookは現在中国の顧客を香港の事務所を通じて支援している。 「これらの中国企業は急速に成長しているため、Facebookを利用してビジネスを展開しているため、地元でより多くのサポートを提供する方法を模索しており、中国にセールスオフィスを設置することを検討しているかもしれません。未来。”彼は、中国の事務所の時間枠や場所についての詳細を提示することを拒否した。

ソーシャルメディアの大手企業は現在、毎月12億8000万人のアクティブユーザーを抱えており、10億1,000万人がモバイルデバイス経由でサイトにアクセスしている。日常のアクティブユーザーの約81.2%が米国とカナダ以外に居住しています。

昨年、アジアは毎月3億4000万人以上のアクティブな月間ユーザーを占めており、サイトの中でも最も急速に成長している地域でした。シンガポールでは、Facebookは毎月310万人、毎日210万人のユーザーを抱え、それぞれの国の人口の60%と40%を占めています。現地最大の市場のうち2つはアジアにあります。インドは米国に次ぐ第2位、インドネシアはブラジルに次ぐ第4位です。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

中国は絶対的なオンライン自由のようなことを証明する権利、中国のユーザーはオンラインの噂で刑務所に直面する、中国はWeb検閲の方法を試して、中国のインターネット企業は噂の噂を暴くためにサイトを起動する親愛なるアメリカ:

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

Appleの立ち上げに対するTwitterの反応

マイクロインフルエンサーは、新しいレポートに従ってブランドがソーシャルマーケティングを行う方法を変えています

ソーシャルエンタープライズ、LinkedInは新しいブログプラットフォーム、CXO、CIOに影響を与えるのは誰ですか?ここでは上位20社、アップル、アップルの立ち上げに対するTwitterの反応、ソーシャルエンタープライズ、マイクロインパクトのある人たちが、新しいレポートに従ってブランドがソーシャルマーケティングを行う方法を変えている