Facebookはアイオワ州の新しいデータセンターに関する詳細を発表

Facebookは、米国中西部向けに新たに追加されたデータセンターフットプリントをすばやく拡大しています。

幸運なホスト街はアイオワ州のアルトーナで、ソーシャルネットワークは世界で4番目に所有され、運営されているデータセンターであり、米国では3番目になります。

残りのトリオは、オレゴン州のプラインヴィル、ノースカロライナ州のフォレストシティ、スウェーデンのルレオにあります。

; GoogleはN.C.データセンターの再生可能エネルギー計画の概要を説明している; Facebookは電力、データセンターの水使用量に関する公開ダッシュボードを公開

世界最大のソーシャルネットワークであるFacebookが毎日10億以上のユーザーベースを持ち、毎日何十億個ものデジタルコンテンツが共有されていることを考慮すると、余分なスペースとリソースが必要です。

カリフォルニア州メンロパークに所在する同社は、これらのリソースを必要とする施設に電力を供給するために、より環境に優しいイメージを引き続き引き続き、Open Compute Projectサーバーの設計と革新的な屋外空冷システムを他のデータセンター。

しかし、Facebookの担当者は、この場所が「建物設計、ネットワークアーキテクチャなどの進化的な改善」を組み込むことで、より一歩前進していくと主張しました。

Facebookのインフラストラクチャエンジニアリング担当バイスプレジデントJay Parikhは、火曜日のブログ記事で、Altoonaの設立が「その種の最も先進的かつエネルギー効率の良い施設の1つ」であると説明しました。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

また、Parikhは、アイオワ施設が風力発電の豊富な地域に集中していることを強調しました。これはまた、より環境に優しい戦略にも役立つはずです。

アイオワ州知事のTerry Branstad氏は、この立ち上げについてもコメントしました。「Facebookのような大規模なデータセンター運用から革新的な新興企業に至るアイオワの立場を、私たちの状態。

グリーンピースはFacebookの地理的な決定を賞賛した。

地球環境組織の国際シニアITアナリスト、ゲイリー・クック氏は、アイオワ州では、「Facebookは、最新のデータセンターに電力を供給する大きな可能性を秘めた場所を選んだ」と述べた。

しかし、クック氏は、Facebookが「アイオワの主要ユーティリティであるMidAmerican Energyと協力して、グリッドにもっとクリーンなエネルギーを提供する意欲を示している」という警告を付け加えた。

Facebookは今年の夏にこのプロジェクトを打ち破り、来年までにユーザーのトラフィックに対処してサービスを開始する予定だ。

Facebook経由の画像ニュースルーム

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合