Docomoは金融、小売に多様化を目指す

NTTドコモは、金融、小売、デジタルコンテンツの買収を検討しており、携帯電話の収入に依存しないように多様化を図っています。

日本の通信会社の坪内和人最高財務責任者(CFO)は、ブルームバーグとのインタビューの中で、同社はこれらの分野の企業との協議を開始したと語った。

ドコモは、2016年3月期までに、非伝統的なビジネスから収益を1兆円(約107億米ドル)に倍増することを目指していると同氏は指摘する。国の人口が減少し、国内の飽和市場がその主要な無線事業の成長を遅らせるため、多様化しています。

1月に、同社はオンラインファッション小売店MAGAseekを最大1300万米ドルで買収する計画を発表した。

坪内氏は、ブルームバーグに対し、「1兆円の目標を達成するために、合併買収案件を跳躍する必要がある」と述べた。同氏は、同社は有機的に最大8000億円の成長しかできないと説明した。

CFOは、約6,000万人または日本の人口のほぼ半分のドコモの顧客基盤にアクセスすることで恩恵を受けることを指摘しました。同社は顧客データを保護するために過半数の株式を購入する見込みだ。

「この情報は、成長の減速に直面している多くの企業にとって有益なものになるだろう」と同氏は述べている。

今月初めには、電話会社が100億円(1億900万米ドル)のベンチャーファンドを創出し、スマートフォンやタブレットの新規事業の開発を加速し、新興企業やベンチャー企業のインキュベーションプログラムを開始した。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、安価なデータと無料の音声でインドのテレコムを揺るがすNBN、NBNがオーストラリアを置く「リーダーシップの位置」で:ビル・モロー

Docomoは、3月にスマートフォンを導入し、画質を向上させ、ネットワーク上のデータストレスを軽減するHEVC(高効率ビデオコード、H.265)技術を今年導入する予定です。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow