Dell:シェアの獲得がネット、マージン

デルの第2四半期の業績は予想を下回りましたが、収益は目標を大きく上回りました。翻訳:価格競争が激化する中、Dellは収益を犠牲にしてシェアを獲得しています。

デルの第2四半期決算は、売上高164億ドル(前年同期比11%増)で31セントとなった。デルは声明の中で、全面的にシェアを獲得したと指摘した。

問題:デルは、トムソン・ロイターによると、15億9500万ドルの収入に対し、1株当たり36セントの第2四半期決算を報告すると予想されていた。同社は、リストラと買収費用に関連して1株当たり2セントのヒットを記録したと発表した。これらの費用を除外しても、デルの収益計数は予想を大きく上回っています。

簡単に言えば、デルの総利益率は小売りの努力を拡大するため、間違った方向に向かいます。デルの第2四半期の売上総利益率は、第1四半期の18.4%から前年同期の19.9%から17.2%に低下した。

デルは、コスト削減と成長のためのコスト削減のために、「まだ多くの作業がある」と付け加えた.Brian Gladden CFOは、DellがSalesforce.comのシンガポールデータセンターの構築に選ばれ、SaaSリーダーが既存のサプライヤ米国を拠点とするデルの支持を得ています。 Gladdenは他のサプライヤについて言及していないが、SunはSalesforce.comについて顧客として何年も自慢している。アナリストは、Dellが7月に欧州で需要が減少したかどうかを疑問視し、積極的な価格設定を行ったと言って砂糖を払うことを試みた。デルはこの評価に異議を唱え、欧州での価格設定の動きは消費者PCの市場シェアに対処することを示唆していた。アナリストたちは、HPが以前の管理で使っていたやり方と似ているとアナリストがDellに語ったところで、この日の最善の選択肢となった。 HPは、CEOのMark Hurdが現場に到着する前に利益目標を見失っている間に、株式交換について繰り返し話をしていました。以前の管理基準では、元HPのCEO Carly Fiorinaが選出されました。しかし、HPの会議通話は元CEOのLew Plattのもとでの災害でもあったが、DellはHPのパートナーであるEDSの買収についても尋ねられた。 Dellは、EDSの事業(現在はHPの一部)は、Dellにとって年間に重大なものではないと述べている。一方、同社はEDSのライバルと友好的になりつつあり、敵対的なHPを手助けしていない。

一方、デルの見通しは少し残っている(特にIT支出部分):同社は、

デルは、競争力を向上させ、人員を削減し、インフラストラクチャと買収に投資するために事業を再編するため、コストを引き続き負担します。同社は、西ヨーロッパやアジアのいくつかの国々に広がっている米国のIT支出の保守主義を続けている。また、需要は為替変動の影響を受けます。デルは、新興国、ノートブック、エンタープライズおよびサービスなどの業績向上の恩恵を受けることができます。これらのサービスは、より多様なポートフォリオと製品のポートフォリオを集約しています。同社は、成長と収益性とキャッシュフローの改善により、P&Lに時間をかけて利益をもたらすコスト・イニシアチブに積極的に取り組んでいます。

CEOのマイケル・デル氏は、欧州、中東、アフリカの戦略的な価格決定により、シェアを獲得し成長を促進することで利益率が低下したと電話会議で語った。その一方で、デルの消費者拡大は、小売店のスペースを確保しようとすると、より多くの費用がかかる。デルは、同社の四半期は「非線形」であると認めている。これは塊状と言う良い方法だが、デルが適切な軌道に乗っていることを維持している。デルはまた、その目標が業界より速く成長し、利益が最終的に続くことを再確認しました。

アナリストたちは、デルの利益に期待していたが、利益見逃しのために破綻した。アフターアワー反応

他の電話会議のハイライト

数字で

Dellの営業費用は12.2%で、6四半期で最低の水準であったが、Dellは2011年までに年間30億ドルのコスト削減を再確認した;第2四半期の消費者収益は28%増の28億ドルだったが、ユニットはチャネル投資のために壊れてしまっただけです。市場シェアが9.1%に上昇したことに伴い、世界の出荷台数は53%増加しました;米州では、出荷台数が7%増えたことで商業収益は5%増の81億ドルでした。サーバの出荷台数は18%増、ノートパソコンは12%増となった。アジア太平洋および日本では、収益は16%増の20億ドルを超えました。欧州、中東、アフリカでは、商業収益は11%増の35億ドルで、出荷台数は20%増加しました。

ノートブックの収益は第1四半期に26%増加し、デルの収益の47%は海外からのものでした。ブラジル、ロシア、インド、中国(所謂BRIC諸国)は41%の増収を示し、ユニット数は46%増加した。ここで気になるのは、デルが海外事業の半分を持っており、ドルの弱さから助けを得ており、それでも利益目標を達成できないということです。

ここでは、製品の傾向を見てみましょう

ノートのメトリック

結論:デルは進行中の作業であり、同社は栄光の時代に戻ろうとしている時期が早すぎると話しています。しかし、ITバイヤーは楽しい時間を過ごすことがあります。デルはマージンを犠牲にしてシェアを得ようとしているようだ。そして、それはあなたのためのより良い価格設定を意味します。

マイケル・デル、VMware社の取締役会会長に就任

クラウド、マイケル・デルがVMware社の取締役会に就任クラウド、マイケル・デルがEMCとの契約を締結した:「デルは数年後に考えることができる」デルのテクノロジーはQ2の成果を発表した、データセンターはデル・テクノロジーズのリフトオフ: EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell TechnologiesがQ2の結果を掲載

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合