Dellはタブレットと2in1sについて真剣に取り組む

今週初め、私はDell XPS 12について書いた。これは現在利用可能な最高のハイブリッドデバイスの1つである。

今日Dellはタブレット、コンバーチブル、Ultrabookの新版を発表しました – VenueとXPSの両方のブランドの下で – この新興カテゴリーについていかに深刻な会社かを示しています。

最も興味深いのは、最初の8インチモデルを含むWindows 8.1のタブレットと、消費者とビジネスの両方にアピールするように設計されたさまざまな機能を備えた11インチのタブレットです。両方ともオプションのDell Active Stylusを使用してペン入力を受け付けることもできます。

Venue 8 Proは、1,280×800のIPSディスプレイと、Bay Trail Atomクアッドコアプロセッサを搭載しており、先月Intelの年次カンファレンスで発表しました。 400グラムと8.9ミリの厚さで、それは間違いなく、Office 2013 Home&Student(Acer Iconia W3;重さ500グラム、厚さ11.4mm)のコピーとともに、Windows 8をフル装備した最小のタブレットです。 2GBのメモリと32GBのストレージを搭載したVenue 8 Proは、10月18日から300ドルでご利用いただけます。

より多くの

Dellの新しいハイブリッド11,12(ハンズオン)、Dell Venue 11 Pro(ハンズオン)、Dell Venue 8 Pro(ハンズオン)、Dell Venue 7(8つのタブレットハンズオン)

野心的なVenue 11 Proは、Asus Transformer Book Trioのように、タブレット、ラップトップ、デスクトップの世界をつなぐ3in1の試みです。これには10.8インチのフルHD IPSディスプレイがあり、Bay Trail Atomプロセッサーまたは第4世代(Haswell)Core i3およびi5のいずれかを選択することができます。その中には、企業向けのIntel vProテクノロジーを搭載したものもあります。

小さな兄弟のように、Venue 11 Proはオプションのスタイラスで動作します。 DellはVenue 11 Proのバッテリー寿命を10時間も短縮しますが、取り外し可能なバッテリー(タブレットには珍しい機能)を搭載しています。 Venue 11 Proの特徴は、薄型キーボード(Microsoft Surfaceのようなもの)を兼ね備えたアクセサリシリーズです。余分なバッテリが内蔵されたより実用的なモバイルキーボードです(最大16時間までの組み合わせが可能です)。 2つのディスプレイと2つのUSB 3.0ポート用の出力を備えたデスクトップドックがあります。

Venue 11 Proは、Atom Z3770クアッドコア、2GBのメモリ、32GBのストレージで500ドルからスタートします。また、IntelのHaswell-Y、PentiumとCore i3、i5プロセッサーで構成することもできます。この場合、通常のタブレット使用シナリオでは、わずか6ワットしか使用しません。また、最大8GBのメモリと最大256GBの容量のドライブを使用することもできます。 Venue 11 Proは11月から利用可能になります。

私の以前の記事では、デルがXPS 11コンバーチブルをリリースすると述べました。今では、世界で最も薄い(厚さ11〜15mm)、最もコンパクトな2in1として請求されているものの詳細を発表しました。わずか2.5ポンドで計量しています。 XPS 13とは異なり、このモデルはヒンジを使用しており、Lenovoのヨガのように360度後方に折りたたみますが、シワがあります。11.6インチのディスプレイにはQuad HD解像度があります。 Dellはこれが2,560×1,440のディスプレイを搭載した最初の2in1のサイズで、XPS 13のサイズは1,920×1,080に大きくなっていると言います。デザインは異なりますが、XPSは同じ高品質の素材加工アルミニウムと炭素繊維を使用しているため、XPS 13は丈夫でスタイリッシュに見えます。残念ながら、キーボードは異なりますが、システム内のすべてをこのように小さくすることはできません。

Venue 11 Proのように、XPS 11はIntelのHaswell-Y低電圧プロセッサーを提供します。 11月にはCore i3-4020Yプロセッサ、4GBのメモリ、80GBソリッド・ステート・ドライブを搭載した1,000ドルから利用可能となる。

デルはまた、2つのAndroidベースのタブレット、Venue 7と8を発表しました。これらは、古いAtom Clover Trailデュアルコアプロセッサをベースにしています。 Venue 7には7.0インチのIPSディスプレイ(1,280×800)、Atom Z2560、2GBのメモリ、16GBのストレージがあります。 Venue 8は、同じ解像度、より速いAtom Z2580、2GBのメモリ、16または32GBのストレージのいずれかを備えた8.0インチIPSディスプレイを備えています。 Nexus 7と比較して、会場タブレットはやや厚めですが同じ重量のもので、長時間持ち運びや持ち歩きが容易です。 Dell Venueモデルには、microSDカードスロット(Nexus 7では得られないもの)が付属していますが、古いバージョンのAndroid(Jelly Bean 4.2.2)が動作します。会場7と8は10月18日から150ドルと180ドルで利用可能になります。インテルは、安価なAndroidタブレット市場で急速に成長している市場で競争することを表明しており、これらのモデルは証明です。

タブレット、タブレット、Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット、ラップトップ、ASUS ZenBook Flip UX360CA、First Take:軽量13.3インチ360-度コンバーチブル;錠剤; Huawei MediaPad M3オクタコア錠剤

デルは2つの新しいXPSラップトップで発表を打ち切りました。 XPS 13のリフレッシュにより、13.3インチのフルHDディスプレイ(タッチスクリーンはオプション)と、パフォーマンスを向上させ、バッテリ寿命を向上させる第4世代のコアプロセッサが追加されています。しかし、Dellによれば、11インチモデルと同じフットプリントを持ち、体重は3ポンド未満です。 Core i3プロセッサ、4GBのメモリ、128GBのSSDで1000ドルで始まり、11月に発売される予定です。

XPS 15にはオプションのQuad HD +(3,200×1,800)解像度の15.6インチディスプレイが搭載されていますが、厚さはわずか8〜18mmで、重さは4.4ポンドです。 XPS 15は1,500ドルから平均的なラップトップの2倍以上の価格ですが、深刻な仕様もいくつかあります。基本構成には、フルHDディスプレイとIntel HD 4400グラフィックスと8GBのメモリを搭載したCore i5-4200Hプロセッサが搭載されていますが、より速いCore i7-4702HQ、より多くのメモリとNvidia GeForce GT 750Mディスクリートグラフィックスそれ自身の2GBのメモリ。 XPS 15は32GBのSSDと500GBのハードドライブ(より大きなドライブもオプション)を組み合わせてパフォーマンスを向上させます。 10月18日から利用可能になります。

Dellが提供しないことの1つはWindows RTです。同社は最近XPS 10タブレットを廃止したが、Microsoft Surface以外のWindows RTデバイスは残っておらず、Dellの幹部らは追加のWindows RTデバイスの開発や販売を計画していないと述べた。

アマゾンはAlexの音声アシスタントをアップグレードしたFire HD 8でタブレットに届けます

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

ASUS ZenBook Flip UX360CA、First Take:軽量13.3インチ360度コンバーチブル

Huawei MediaPad M3オクタコア錠剤