Couchbase 4.0がリリースされ、多次元スケーリングなどが追加されました

私が初めてNoSQLデータベースに遭遇したとき、私は彼らのIDでデータレコードの高速検索しかできないことに気づいた。キー以外のフィールド/属性を索引付けする前提は、リレーショナル・データベースの世界では当然のことです。しかし、データベースが簡単な操作を迅速に実行することに重点を置くNoSQLの世界では、いわゆるセカンダリインデックスを作成するというアイデアは、一般的には浪費とみなされ、全体的なパフォーマンスを損なう可能性があります。

セカンダリインデックスはセカンダリインデックスではありませんが、これは変更されています。新しい4.0リリースでは、セカンダリインデックスをサポートしているNoSQLデータベースが増えています。しかし、Couchbaseのケースでセカンダリインデックス作成の興味深い点は、製品チームが機能を追加していたのに対し、NoSQLのKeyベースのルックアップの主要なケースではパフォーマンスの低下。

オープンソースのドキュメントストアCouchbaseの最新リリースは、とりわけ、新しいSQLベースのクエリ言語を持つ開発者の方々の生活を楽にすることを目指しています。

Couchbaseは、ワークロード分離機能を提供し、クラスタ内の特定のノードをクエリ、索引付け、またはデータストレージ専用にすることができます。たとえば、8ノードのクラスタでは、2ノードをクエリに、2ノードをインデックスに、3ノードをデータに割り当てることができます。これにより、索引付けは問合せのパフォーマンスを低下させないか、またはその逆になりますが、ノード・レベルのハードウェア構成を特定のタスクにチューニングできます。

2つの値(通常は緯度と経度)にわたるインデックス作成を可能にする地理空間インデックスCouchbaseのクロスデータセンターレプリケーション(XDCR)の新しいフィルタリング機能により、特定のデータを特定の地理的位置に複製できます。

クエリ専用のノードには大量のメモリを装備できますが、データノードは高速または大容量のストレージ用に最適化できます。つまり、ストレージとコンピューティングを互いに独立して拡張できるため、より柔軟なリソース調達が可能になります。そのことを念頭に置いて、これらの機能に該当するマルチディメンションスケーリング(MDS)モニカは、かなり適切な記述です。

Couchbaseインデックスには、行の対応するIDへのポインタが含まれています。これにより、以前のバージョンのCouchbaseと同様に、標準的なキールックアップを使用して行レベルのフェッチを実行できるため、NoSQLクエリのユースケースは引き続き良好に実行されます; Couchbase 4.0では、を含む

その最後の時点で、ForestDBはCouchbaseで開発され、昨年ベータ版として導入されました。 Couchbase 4.0は、それを使用する製品の最初のバージョンです。 ForestDBは、リレーショナルデータベースで使用される従来の(そしてCouchbaseは、より限定された)Bツリー技術の代わりに、基本的な構造としてHierarchical B + Trieを使用しています。

オプトアウト?これらの新機能の素晴らしい点は、準備が整うまで使用する必要がないことです。顧客は、必要に応じてプライマリインデックスのみを使用し続けることができます。ワークロードの分離またはフィルタリングされたXDCRのためにクラスタを構成する必要はありません。顧客が準備ができたら、これらの機能を1つずつ利用するか、またはそれらの機能を一緒に使用することができます。

新しい機能の反復的な採用を可能にすることは素晴らしいアイデアです;私はそれが重要であると言うことさえあります。 NoSQLデータベースが成熟するのを見るのは素晴らしいことですが、技術の成熟の一部は、顧客が制御された方法で新しい機能を展開できるようにするためです。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任