APAC SMBクラウド市場は19.8億ドル

シンガポール – アジア太平洋地域の中小企業向けクラウド市場は、2015年に年間成長率(CAGR)が38%増の198億ドルで成長し、サービスプロバイダーとそのチャネルパートナーにとって有利な機会を提供します。

Parallelsによると、これはまた、仮想化、自動化、ホスティング技術に対するこれらのプロバイダの強い需要を示しています。仮想化ソフトウェアベンダーは木曜日に開催されたParallels APACサミットで、アジア太平洋地域が世界で最も急速に成長している地域だと述べた。

この地域のSMBクラウド市場は、6月下旬に実施されたアンケートによれば、76億ドルの価値があり、2000人の回答者がアジア太平洋地域に分布していたと回答しています。これは、オーストラリア、日本、インド、中国を含む既存の一連の国別報告書に加えて、アジアで地域研究を行った初めてのことです。

それぞれ330万人と350万人の中小企業がいるインドと中国は、クラウドサービスの主要な成長市場となると予想されています。

このレポートのクラウドサービスは、ホスティング型インフラストラクチャ、Webプレゼンス、ホスティング型コミュニケーションとコラボレーション、オンラインビジネスアプリケーションに大別されていました。これらのクラウドサービスカテゴリのそれぞれは、2012年と2015年の間に市場価値の急上昇を見ます。

この3年間で、ホスト型インフラストラクチャは28億ドルから70億ドルに倍増し、Webプレゼンスサービスは17億ドルから35億ドルに増加します。ホステッドコミュニケーションは6億5,000万ドルから27億ドルへ、オンラインビジネスアプリケーションは24億ドルから66億ドルへと拡大します。

Parallelsのアジア太平洋地域担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるDavid Dzienciol氏は、同社の技術をサービスおよび通信事業者やデータセンター事業などのITプロバイダーに販売すると説明した。サービス、およびアプリケーションをチャネルパートナーまたはエンタープライズカスタマーに提供します。

アジアでは、Dzienciol氏によると、多くの中小企業は、クラウドサービスの決定と調達を支援する独立系コンサルタントや再販業者を含む「信頼できるアドバイザー」に依拠しています。これは、クラウドプロバイダーにとって重要な成長要因となる、と彼は述べた。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

したがって、これらの市場プレイヤーは技術革新だけでなく、サミットでのメディアブリーフィング中に、生態系のすべての参加者が中小企業のクラウドへの移行を助けることができるようにバリューチェーンを有効にすることが重要であるとDzienciol氏は述べています。

Parallelsのエコシステムを活用して、Parallelsの「パートナー中心の営業戦略」は、企業がクラウド配信スペースを拡大し、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)によって作成された新しいアプリケーションを提供することを支援することを目的としています。

Dzienciolはまた、アジアはクラウドサービスの「渇き」を示し、クラウドの採用が将来標準になると、サービスプロバイダーが提供するより多くのインフラストラクチャとソフトウェア仮想化の必要性が顧客の要請につながるとも語った。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携