APAC 10社中8社がデータセンターを拡大

シンガポール – デジタル・リアルティ・トラストの調査によると、アジア太平洋地域におけるデータセンター拡張計画の主要な推進要因は、セキュリティに対する需要の高まりだという。

Digital RealtyのCEOであるMichael Foust氏は、アジア太平洋地域のデータセンターの年間需要調査を引用して、83%の回答者が、2013年または2014年にデータセンターを拡張し、セキュリティを主な理由として拡張する予定であると答えました。彼は金曜日のインタビューでウェブサイトアジアと話していた。

今週発表されたWebベースの調査は、調査会社のCampos Research&Analysisが行ったもので、オーストラリア、日本、香港、オーストラリアの各100の意思決定者を対象に調査した。シンガポール。

Foust氏は、回答者の3分の2は、ITチームが施設に簡単にアクセスできる必要があるため、仕事を行っている国ではむしろデータセンターを見たいと述べた。最も人気のあるターゲットは、シンガポール、香港、東京、シドニーです。

調査によると、昨年より1375平方メートルで平均1235平方メートルの床面積の減少などの属性を持つより効率的なデータセンターに向かう傾向があります。

データセンタースペースの需要は、企業がサーバーをオフィス外の場所で共有場所に配置する際の継続的な統合の推進によっても促進される、とFoust氏は述べています。同氏は、クラウドベースのアプリケーションとデータ分析のトレンドが拡大していると付け加えました。アジア太平洋地域における需要の増加を受けて、日本や中国などの新市場への拡大を計画しています。これはすでにシンガポールとオーストラリアに存在し、香港施設は2013年末に稼働する予定であると同氏は述べた。

最高経営責任者(CEO)は、中国の適切なローカルサービスプロバイダーのための初期段階の議論が進行中であり、北京や上海などのティア1都市に位置する可能性が高いと述べた。同氏は、年末までに中国と日本に拡大するための具体的な戦略があるべきだと付け加えた。

Foust氏によると、中国での成長は非常に重要な意味を持つため、データセンターのハブは、そのケースを除いて、トラフィックの90%が国内で、わずか10%が国際的なものでした。 「シンガポールや香港のようなものではないが、国際的なトラフィックは必要ない」と指摘した。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

日本では、年末までに大阪を目指しています。東京はまたレーダーに乗っているが、首都での適切な場所を見つけることはより困難になっている、と彼は明らかにした。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

日本と中国の拡大を視野に