APAC、2020年までに世界のモバイルデータのほぼ半分を動かす

アジア太平洋地域は、中国、インド、インドネシアなどの国々で2020年までに世界のモバイルデータトラフィックの45%を占め、全体的な成長を牽引します。

シスコシステムズの最新のビジュアルネットワーキングインデックス、グローバルモバイルデータトラフィック予測によると、スマートなモバイルデバイスと接続も、地域の総モバイル接続の72%を占め、2015年の35%から増加します。スマートデバイスは、高度なコンピューティングとマルチメディア機能を備えたデバイスとして定義され、少なくとも3G接続をサポートします。

この報告書はさらに、世界は2020年までに55億人の移動ユーザーを抱え、世界人口の70%を占めると予測しています。

この指数は、今後5年間でアジア太平洋地域の成長が世界人口の2倍の速さとなることをモバイル・デバイスの普及とモバイル・コンテンツの需要とより広範なモバイル・カバレッジで促進すると指摘した。スマートデバイスは、2020年までに地域のモバイルトラフィックの98%を占めます。

さらに、スマートフォンは、2015年の76%から増加して、モバイルトラフィック全体の81%を占めることになります。

シカゴのインフォコム開発局(Infocomm Development Authority)の報告によると、シカゴの報告書によると、シティー州のモバイルデータ使用量は、2013年にはほぼ8ペタバイトから昨年は10.9ペタバイトに増加しています。さらに、国のモバイル接続の98%は3Gまたは4Gブロードバンドのいずれかであり、ユーザはモバイルデバイスで平均して1日2時間を費やしています。

シスコのシンガポールとブルネイのアムティアム・グアン(Ang Thiam Guan)国家のマネージャーは、「統計によれば、消費者や企業の生活の中で、高速かつ効率的な接続性を備えたモビリティが中心的役割を果たすことが示されています。市民がモビリティの最大限のメリットを享受できるようにすることを目的としています」と述べています。

シスコのサービスプロバイダーマーケティング担当副社長であるDoug Webster氏は、より多くの人々がウェブに接続し、モビリティがデジタル変換を促進する主なメディアとなったため、セキュリティの重要性に注目して同意しました。

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

ウェブスター氏は、IoT(Internet of Things)の進歩により、今後も目に見えるようなメリットがもたらされると予測しており、今後5GやWi-Fiソリューションなどのモバイル分野の革新的な技術革新が、人、企業、社会のためのものです。

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

?今秋、NFLサッカーをオンラインで見る方法

「サムスンとTモバイルは5Gトライアルで共同、クラウドはEMCとの契約を終えたマイケル・デル:「何十年にもわたって考えることができる」ネットワーキング、今秋にNFLサッカーをオンラインで見る方法、Internet of Things、クアルコム、AT&ドローンは4G LTEネットワークを使用できます

ドローンが4G LTEネットワークをどのように使用できるかをテストするクアルコム、AT&T