AMD、Hot ChipsでタブレットPC向けのプロセッサーをプレビュー

AMDは今週、毎年のチップ会議で一連の会談を行い、年初のアナリストの日から製品ロードマップを最初に垣間見ることができます。同社は新製品を発表しなかった。Hot Chipsシンポジウムはエンドユーザーではなくチップデザイナーのためのものだが、低電力モバイルデバイスからハイパフォーマンスデスクトップまで、新しいプロセッサの詳細を提供した。

AMDの低消費電力プロセッサ、予算のラップトップとデスクトップ用のEシリーズとCシリーズ、タブレット用のZシリーズは、「Cat」ファミリのコアをベースにしています。現在のチップは1〜2つのBobcatコアを使用しており、40nmプロセスのファウンドリであるTSMCによって製造されています。次世代は、コードネームのJaguarをベースにしており、会議でAMDはJaguarのデザインについて初めて話しました。

Jaguarの最も顕著な変化は、2MBの共有L2キャッシュを搭載した最大4コアの計算ユニットへの移行です.Bubcatは、1コアあたり512KBのキャッシュを持つコアを2つまで持っています。また、Bobcatの64ビットFPUに比べて128ビットのデータパスを持つ、より強力な浮動小数点ユニットを備えています。コア自体には、パフォーマンスを向上させるためのいくつかの拡張機能があります。 Jaguarには最新の命令(SSE4.1とSSE4.2、AESとAVXを含む)、最大40ビットの物理メモリ、改善された仮想化サポート、より良い電源管理などをサポートするなど、いくつかの新機能もあります。 AMDは、Jaguarコアがクロックあたりの命令数を少なくとも15%増加させ、コア周波数をBobcatに比べて10%以上向上させるとAMDは主張しています。

Jaguarコアは、基本的なラップトップとデスクトップ用の2つまたは4つのコアとRadeonグラフィックス、タブレット用のデュアルコアGPUであるTemash APUで構成されるKabini APU(Accelerated Processing Units)で使用されます。これらはいずれも、さらに進化した28nmプロセスで製造され、来年に出荷される予定です。 BobcatはAMDの最初のCPUコアで、あるファウンドリから他のファウンドリへの移行は比較的容易に設計されていましたが、Jaguarはさらに移植性があります。これにより、価格を抑え、AMDが製造パートナーから安定した供給を受けることができるようになります。

AMDのラダーの次のラングは、メインストリームのラップトップとデスクトップ向けのTrinity APUです。これらのAシリーズAPUはすでに出荷されていますが、導入は遅く、AMDは旧世代のLlano APUの多くを引き続き販売しています。 Llanoは数年前のデザインであるStarsコアに基づいていますが、Trinityは新しいPiledriverコアを使用しています。 Piledriverモジュールには、2MBのL2キャッシュ、浮動小数点ユニット、およびその他のコンポーネントを共有する2つのCPUコアがあります。トリニティには、これらのモジュール(クアッドコア)、2世代のRadeonグラフィックス、HDビデオの再生とエンコーディングのためのハードウェアアクセラレータの改良、最大3つの同時表示のサポートがあります。

AMDは同じパワーを使用するLlano APUに比べてベース周波数を50%上げていると主張しており、改良されたTurbo Coreは短いバーストで高速に達することを可能にしている。レビューは一般的にトリニティがLlanoよりも改善されているが、CPU性能に関するインテルのコアプロセッサにはまだ足りないことを示している。さらに、AシリーズAPUのPiledriverコアは、離散的なグラフィックスを備えたパフォーマンスデスクトップ向けのVisheraというコードネームの新しいFXシリーズクアッドコアと8コアCPUで使用されます。これらは今年後半に出荷予定です。 TrinityとVisheraは、Globalfoundries社が32nmプロセスで製造しています。 Piledriverはまた、来年のサーバープロセッサー、32nmプロセスでも使用されます。

Hot Chipsの大きなニュースは、Piledriverを置き換えるSteamrollerを見ていました。基調講演では、AMD最高技術責任者のマーク・ペイパーマスター(Mark Papermaster)が、チップの高速化(スケジューリングの向上とシングルコアの高速実行)とFPUのMMXユニットを大幅に活用し、ワークロードに基づくキャッシュメモリの動的なサイズ変更)。

Steamrollerは、2013年にメインストリーム・ラップトップとデスクトップ用の28nm KaveriデュアルコアおよびクアッドコアAPUに初出展する予定です。また、CPU + GPUコンピューティング用のAMDのHeterogeneous Systems Architecture(HSA)も導入します。 Papermasterは、サラウンド・コンピューティング時代を実現するための重要な技術の1つとしてHSAを挙げました。

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen

「これは純粋なスピードではなく、レースにも役立つ」 “これは過去数年間はなかった。それは本当にあなたがソリューションを一緒に持っていく方法です。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す