富士通シーメンスライフブックE8110レビュー

富士通シーメンスは、インテルのデュアルコア「Centrino Duo(ナパ)」モバイルコンピューティングプラットフォームをベースにしたノートブックを使用して、比較的早い段階で取り組みました。 LifeBook E8110は、デスクトップの交換用Eシリーズラインに挿入され、柔軟なモジュラーベイとまともなバッテリ寿命を備えた優れたパフォーマーです。

設計

LifeBook E8110は、富士通シーメンスの最も魅力的な製品の1つではありません。Eシリーズは外見より機能性が高く、E8110の黒色の外装や銀製のインテリアは確かに頭を回転させません。

これは幅32.6cm×深さ27cm×3.5cmの比較的かさばるシステムです。それにもかかわらず、それは妥当な2.4kgで重く、必要に応じて場所間を容易に運ぶことができます。画面は15in.TFTで1,400 x 1,050ピクセルのネイティブ解像度で、外部モニタでは最大解像度は1,600 x 1,200です。

ワイドスクリーン形式のノートブックを見て使用するほど、魅力的なものになり、標準的な4:3のアスペクト比のディスプレイに戻すことができます。つまり、ディスプレイの品質は代表的なものです。

86鍵のキーボードは楽しいです。私たちはフルサイズのキーが提供する安心した「クリック」が好きですが、他の人はキーボードを少しスポンジ状にするかもしれません。奇妙な文字をたくさん入力する必要がある人は、üやßのような文字、分数(1/2、¼、¾)、©や勿論€ 。それはむしろ混乱した外観になりますが、ある人にとっては非常に貴重なものとなるかもしれません。

富士通シーメンスは、G、H、Bキーの間にあるポインティングスティックとタッチパッドを一体化しています。タッチパッドにはそれぞれマウスボタンがあります。タッチパッドの下にはスクロールボタンがあり、私たちは反応がなく、むしろ使いにくいと感じました。

キーボードの上には、ステレオスピーカー、電源ボタン、4つの追加ボタンのセットがブラックストリップに統合されています。後者はシステムを「エコ」に置きますが、後者は迅速なアプリケーション起動に専念していますが、他の2つは「R」と「E」とマークされています。モード。エコモードは、システムの一部のスイッチをオフにしてエネルギーを節約し、バッテリ寿命を延ばします。

システムの四隅にはすべてコネクタがあります。右側には光学式ドライブ用のベイがあり、レビューモデルではNECの2層マルチフォーマットDVDリライタが使用されています。メインドライブの稼働時間を優先する場合は、このドライブを取り外してオプションのセカンドバッテリーと交換することができます。右側にはRJ-11モデムコネクタがあり、背面にはシリアルポートとUSB 2.0ポートがあります。 USBポートは垂直方向に向いており、シリアルコネクタに非常に近いため、両方を同時に使用することは困難です。

幸運なことに、背面に3つのUSB 2.0コネクタが追加されていますが、これらも垂直方向に向いていて非常に近いため、すべてを一度に使用することが難しい場合があります。また、背面にはRJ-45イーサネットコネクタとSビデオポートがあります。

左側にはアナログの外部モニタコネクタがあり、最近では並外れてパラレルポートがあります。 Type II PCカードスロット、Express Cardスロット、およびスマートカードリーダーは、左側の前面に配置されています。スマートカードリーダーは、オプションのスマートカードおよびソフトウェアと共に使用すると、システムのブートセキュリティを提供します。

フロントエッジには、IEEE 1394(FireWire)コネクタ、SP / DIFをサポートするマイクとヘッドホンコネクタ、メモリースティック、SD、マルチメディアカードのメディアを使用できるフラッシュメモリリーダーがあります。 BluetoothとWi-Fiのオン/オフスイッチもあり、ワイヤレス接続をすばやく無効にしたり、有効にしたりできます。

特徴

ここで検討されているLifeBook E8110は、Intelの最新のCore DuoプロセッサT2600を搭載しています。これは2.16GHzで動作し、667MHzのフロントサイドバスと、2GBのレベル2キャッシュ(2つのCPUコア間で共有)を備えています。

他のE8110モデルは、Core DuoのT2500(2GHz)、T2400(1.83GHz)、T2300(1.66GHz)バージョンを使用しますが、CPUコアが1つのCore Solo T1300(1.66GHz)システムもあります。 Fujitsu Siemensは、ここで検討されているT2600システムはすぐには入手できないと伝えていますが、ここで引用されている1,905ポンド(元VAT)の価格は現在販売されているT2500ベースのモデル(他のすべての点で同じ)です。

Intel PRO / Wireless 3945ABGモジュールは802.11a、bおよびg無線LAN接続を処理し、Bluetooth 2.0および赤外線(IrDA 1.1)で利用可能な短距離無線サービス、有線ネットワーク接続はMarvell Yukon 88E8055 10/100 / 1000Mbpsイーサネットコントローラ。グラフィックスは、Intelの945GMチップセットに統合されたGMA 950モジュールによって管理されます。

レビューシステムには2GBのRAMが付属し、LifeBook E8110はDIMMスロットのペアに最大4GBまで対応できます。当社のレビューユニットの5,400rpmハードドライブは120GBの記憶容量を提供し、40GB、60GBおよび80GBドライブも利用可能です。ジャイロセンサーは、ハードディスクの耐衝撃性を保護します。

富士通シーメンスのソフトウェアバンドルには、無線接続を管理するOdysseyクライアントと、Norton GhostとF-Secure AntiVirusが含まれています。

性能とバッテリ寿命

Core Duoノートブック(2GHz T2500ベースのAcer TravelMate 8204WLMi)の最初のテストに続いて、T2600ベースの若干高めのLifeBook E8110が印象的なパフォーマンスを発揮すると確信していました。実際の9つのプログラム(Microsoft Word 2002、Excel 2002、PowerPoint 2002、Outlook 2002、Netscape Communicator、McAfee VirusScan 5.13、WinZip 8、Macromedia Flash 5、Adobe Photoshop 6.0.1)を実行する標準のMobileMark 2002テストを使用すると、 Fujitsu Siemensのノートブックは、スタンダードバッテリで249点、メディアベイにオプションのセカンドバッテリで281点のスコアを達成しました。後者のスコアは、Acerのデュアルコアシステムで設定されたレコードと同じです。

LifeBook E8110は、標準の5,200mAhバッテリを搭載し、3時間45分、3時間34分という長持ちで、Acer TravelMateのバッテリ寿命を凌駕します。メディアベイに2番目の3,800mAhのバッテリーを搭載したLifeBookは、5時間36分続いた。これまでどおり、より厳しいパワーマネージメント設定は、これらの数値を大幅に拡張します(私たちはデスクトップモードで画面の明るさを中程度にテストしました)。

LifeBook E8110は、卓越したパフォーマンスとまともなバッテリ寿命を実現する堅牢なデスクトップ交換システムです。信頼できるプラットフォームモジュールのサポート、内蔵のスマートカードリーダー、指紋認証の追加などの機能は、データセキュリティを担当するIT管理者には魅力的ですが、レガシーコネクタ(シリアルとパラレル)は、 – 主にプリンタ – を接続したいと考えています。私たちの主な苦情は、4つのUSBポートの幾分厄介なレイアウトであり、一度にすべて使用することはできません。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン