富士通は、日本のPCとしての赤字の270億円の売上が落ち込んだ

富士通は、パソコンやネットワーク機器の四半期売上が低迷して赤字に転じたが、同社は通期の目標を達成するとみている。

大企業のIT大企業は、第1四半期の営業損失が273億円(2億2000万ドル)に減少した。 4月から6月の売上高は1兆6500億円に微減した。

地理的には、PC、携帯電話、携帯電話の販売が270億円減少したほか、日本国外で全体の売上高が3.6%増加したことにより、日本国内で3.1%の収入減少を経験した。

「PCの場合、オペレーティングシステムのサポートが終了したことによるアップグレード需要の増加のサイクルが前年度第1四半期にピークを迎えたため、収益は減少した」と同社は述べた。

また、富士通は、弱い結果に対してより高い費用を挙げている。

「ネットワーク製品とPCの収益低下に加えて、欧州における調達コストの高騰による悪影響もありました。

同社のサービス部門は、政府および財政支出の増加により収益が5%増加したが、利益は3%減の100億円となった。

サービスのサブセグメントでは、米州からの収入は弱いものの、オーストラリアとアジアで収益は増加した」と述べた。インターネットサービスの売上拡大のために営業利益は減少した他の要因の中で、

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

システム・プラットフォームのサブセグメントでは、日本のネットワーク事業における従業員の再配置などの費用をカバーするために、売上高の減少および約50億円の一時的な費用のために営業利益が減少した。

同社は年間予想を変えず、売上高4兆8500億円で1,000億円の純利益を予想していた。

富士通株は午後の東京取引で3.18%下落した。

オーストラリアでは、同社は最近、オーストラリアとニュージーランドのビジネス向けに管理されたクロムブックサービスを提供するためにGoogleと提携し、健康、教育、および小売業界で営業する企業を対象とすることを発表しました。

iPhone;再販のためにiPhoneを安全に拭く方法;エンタープライズソフトウェア;甘いSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを握っている;ハードウェア; Raspberry Piは1000万回の売上を誇り、プレミアムバンドル、iPhone、A10 Fusion:シリコンがAppleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plus

このサービスを使用すると、企業はデバイスの使用を制御して監視することができます。これには、ユーザー管理、デバイス構成と管理、Google Storeからの企業承認済みアプリケーションのプロビジョニング、デバイスとユーザーがアクセスできるサイトの一覧、環境の見た目や制御されたOSの更新、OSとハードウェアのサポート、ハードインストールが含まれます。

AAPで

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

A10 Fusion:Appleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plusを強化するシリコン