中国、米国のメディア・アウトレットのハッキングを否定

中国共産党の公式新聞は、同国が米国の報道機関であるニューヨーク・タイムズ紙(NYT)とウォールストリート・ジャーナル(WSJ)をハッキングしているという主張を拒否している。

AFP通信によると、「ハッキング攻撃は国境を越えて隠されていることがインターネットをほとんど知らない人でさえ知っている」と、人民日報のフロントページによると、それは、インターネットプロトコル(IP)アドレスがハッカーの起源を確認するのに十分ではなかったと付け加えた。

ウェブサイトはPeople’s Dailyの英語ウェブサイトのレポートを探してみたが、オンラインでは入手できなかった。

AFP通信は、「インターネットの理解がほとんどない人でも、ハッキング攻撃は国境を越えて隠蔽可能であることを知っている」と語った。このレポートは英語のWebサイトでは見つかりませんでした。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

記事はNYTとWSJの両者の後にあり、ジャーナリストや他の従業員の電子メールに侵入するための中国を特定した。ワシントンポスト紙は、後に中国のハッカーたちが2011年に侵入したと主張した。

その後、米国政府は、中国に対するさらなる措置を検討し、これらのサイバー攻撃に対する中国の関係者との高官会談が何ら肯定的な立場を取らなかったと述べた。

人民日報は、中国の利己主義から「中国に対する恐怖」を煽っていると主張し、貿易保護主義と経済制裁の正当化として国家安全保障を呼びかけるとAFPが報じた。

「米国は、中国をハッカーとしてラベルし続け、サイバースペースでの「中国脅威」のレトリックを演出し、アメリカの中国戦略を正当化する新たな正当性を提示している。

また、2012年12月の中国のウェブサイト上の米国のIPアドレスからの攻撃が、他の国よりも多く発生していることを踏まえ、ハッキングの犠牲者でもあるという中国政府の立場を改めて表明した。 1月には、3000の外国IPアドレスからの攻撃がありました。

それにもかかわらず、中国はこれらの攻撃の原因について「簡単な推論または急いで結論」を出していない、とPeople’s Dailyは述べた。

米国のある非営利団体の1人は、両政府に対し、より譲歩的な姿勢を採用し、サイバーセキュリティ問題を解決するために協力するよう求めた。米国中華人民共和国ビジネス協議会は、双方の企業がサイバー犯罪者の標的とされることが多いため、企業のビジネス利益を保護するために、両者が協力することを学ばなければならないと述べた。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン