フィンランドはネットアクセスの法的権利を宣言する

フィンランドは現在、ブロードバンドアクセスをすべての市民の法的権利にするために、ほんの一握りの国に参加しています。

運輸省は、2010年7月までに、少なくとも1メガビット/秒(Mbps)のインターネット接続速度を約520万のフィンランド人に提供することを国内の電気通信会社に要求する法律を可決した。

現地の報道によると、フィン政府は先月、2015年末までにすべての市民に100Mbpsのオンラインアクセス速度を義務付けると約束した。最新の法律は、その目標を達成するための仲介措置である、と同省は述べた。

新しい法律では、携帯電話ネットワークを介してアクセスを提供できる配信プラットフォームなど、いくつかのバリエーションを考慮しています。

フィンランド人の96%は既に結ばれているが、通信省は、農村部でのアクセスを拡大するためには新しい法律が必要だと述べた。

国際電気通信連合(ITU)の統計によると、フィンランドの2008年のインターネット加入者数は、82.6%(住民100人当たり26.8人)となった。

ニュースの報道によると、フィンランドは現在、フランスなどの国々に加盟し、Webアクセスを人権に任せていますが、アクセススピードを任務に初めて含めることになります。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル