データ湖からデータ沼へ

mul-ti-plexer-er。名詞。異種のデータ信号を単一の均一な出力に合成するエレクトロニクスのデバイス。ウェブサイトマルチプレクサは、さまざまな視点、メディアタイプ、およびデータソースをマージし、スポンサードブログを通じて1つの明確なメッセージに統合します。

ウェブサイトマルチプレクサを使用すると、マーケティング担当者はウェブサイトの公開プラットフォームでブログを作成できるようになり、マーケティング担当者がウェブサイトのコミュニティに直接接続することができます。ウェブサイトのコンテンツマルチプレクサのブログは、スポンサーと共同して制作されたもので、ウェブサイトの編集内容の一部ではありません。

データ・レイクは過大評価されているかもしれませんが、明らかにエンタープライズ分析の新しい機会になります。

危険です

その定義により、データ湖は監視やガバナンスなしに、あらゆるデータを受け入れます。記述的なメタデータとそれを維持するための仕組みがなければ、データ湖はデータ沼に変わるリスクがあります。

データ湖には本当の利点があります。たとえば、制約付きのデータ構造を前面に定義する必要はありません。データ整列の仕事は、必要なときにいつでも行うことができ、それを最もよく知っている人々、つまり分析をしたいビジネスマンにプッシュすることができます。それから、ITは、合理的な価格でできるだけ多くのデータがあることを確認することに集中することができます。

しかし、データ・レイクの支持者の中には、既知の分析上の問題をすべて解決する魔法のようなものに見えるものもあります。アナリティクスで最も難しい問題は、常にさまざまなビジネス上のさまざまな情報の使用を通じて、データの品質と統合にありました。データ湖は助けますが、魔法の弾丸はありません。特に、技術的な問題だけでなく、最終的にはビジネス上の問題であるため、「データウェアハウス」の必要性を排除するものではありません。

今までのように、それは技術だけではありません。分析に成功したい企業は、最初に正しいデータにつながる組織の構造、プロセス、文化を重視しなければなりません。

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

[この記事のバージョンはもともとBusiness Analyticsのブログに掲載されていました]

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任