シスコ、新しいファイアウォール、ThreatGrid統合によるマルウェアの削減

シスコでは、マルウェアを横取りしてセキュリティポートフォリオを強化しています。

シスコの2014年のセキュリティ予測では、ターゲットでの大規模なセキュリティ違反が始まりに過ぎないことを示唆しています。

ネットワーキング大手には、ThreatGridの長期的な統合を含む、悪意のある行為の広がりに取り組むための、数々の新機能があります。

過去5月のCisco Liveとはかなり静かな契約で、San Joseに本拠を置く法人は、ニューヨークに本拠を置くマルウェアや脅威情報会社ThreatGridを買収したことを思い出してください。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

ThreatGridは、ファイルの動作を分析し、攻撃を正確に突き止め、将来の高度な攻撃に対して防御する目的で、その洞察を回す技術を生み出しました。

シスコは、ThreatGridのマルウェア分析機能を、ネットワーク上のデータを集約するための独自のインテリジェントサイバーセキュリティソリューションに組み込むと発表しました。

より具体的には、ThreatGridは、シスコのAdvanced Malware Protection(AMP)スイートと融合するように設定されています。これは、2013年にSourcefireを27億ドル購入したことによるものです。

AMP ThreatGridは、マルウェアやその他のサイバー脅威にさらに強力なインテリジェンスと分析機能を提供します。

新しいポートフォリオを構成する防衛策の中には、潜在的な妥協点を探し出す自動指標、脅威の発生源を探すことを目的とした遡及的なセキュリティ、脆弱なソフトウェアやホストへの余分な可視性が備わっているAMPエンドポイントがあります。

AMP ThreatGridは、スタンドアロンクラウドサービスとして、またはシスコのユニファイドコンピューティングサービス(UCS)を介してオンプレミスアプライアンスとして導入できます。

シスコでは、数週間でRSAのセキュリティ・エキスポを予定していると発表した.FirePOWER Servicesを搭載したAdaptive Security Appliance(ASA)の新モデルを発表している。これは脅威に焦点を当てた次世代のファイアウォールである。

中規模の企業や支店を対象としたシスコは、エンタープライズ組織が享受しているマルウェアの保護と検出と同じ種類のものを約束しています。

デスクトップや頑丈なオプションが6種類近く近く用意されており、価格はモデルごとに995ドルから始まります。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン