サイバーセキュリティのスタートアップPhishMe、シリーズCを4250万ドルで調達

PhishMeは、Paladin Capital Groupが率いるシリーズCの資金調達で4250万ドルを調達したとサイバーセキュリティ訓練のプロバイダーは述べています。 40億ドルのベンチャーキャピタル会社であるベッセマーベンチャーパートナーズも参加しました。

2011年に設立されたPhishMeは、スピアフィッシングテストやその他のフィッシングシミュレーションを含む一貫した従業員トレーニングを通して、企業がフィッシング攻撃やビジネスネットワークに対する他の脅威を阻止するのを支援します。

バージニアに本拠を置くスタートアップは、最新の現金注入を使用してポートフォリオを拡大し、研究開発の資金を投入し、ヨーロッパとアジアの国際市場に拡大する予定です。 PhishMeは、昨年、シリーズBの資金調達で1300万ドルを調達しました。 PhishMeの元の資金調達ラウンドは250万ドルを調達しました。

Bessemer Venture CapitalのパートナーであるAlex Ferrara PhishMeはフィッシング詐欺の検出に人間の要素に影響を与えようとしているため、他のセキュリティベンダーの中でも優れているという。

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

人間はフィッシング・キャンペーンやマルウェアに感染した個人用デバイスを企業ネットワークに無意識のうちに接続したりすることが多く、セキュリティ・チェーンの弱いつながりになりがちです。 PhishMeの業績は、企業がスタッフをより良く訓練することによって、これらのリスクを軽減できるということです。

フェラーラ氏は、「最も有害なサイバー攻撃には、フィッシングやスピアフィッシングの試みがほとんどいつも含まれているため、人間の要素や従業員がこれらのフィッシングキャンペーンを検出できるようにすることが最重要課題となっています。

全体として、セキュリティベンチャー企業は、クラウドベンダーやソフトウェアベンダーの多くと異なり、ベンチャーキャピタルへの自由なアクセスを楽しんできました。セキュリティ会社も買収の熱心なターゲットであり、シスコからIBMまで、サイバーセキュリティを念頭に置いて創業者を魅了しています。シスコは最近、マサチューセッツ州のCloudLockを2億9,300万ドルで買収し、IBMは2月にResilient Systemsを買収してセキュリティ業務を強化した。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン