クラリゼン、SaaSプロジェクト管理プラットフォームをアップグレード

プロジェクト管理会社Clarizenは、今朝、管理職にチームの柔軟性を提供するSaaS(software-as-a-service)エンタープライズプラットフォームの新バージョンを発表しました。

新しいバージョン5.4には、管理者がプロジェクトごとに権限を細かく制御できるカスタマイズ機能と権限機能が含まれています。エンドユーザー側では、新しいバージョンを使用すると、どのタスクや割り当てを表示するかを簡単にカスタマイズできます。

新しいリリースにはパフォーマンスの改善と「表示方法」ボタンも含まれていますが、多くの新機能はユーザーからのフィードバックに対応しています。カリフォルニア州サンマテオに本社があります。

NBCユニバーサル、フリトレイ、NASAはクラリゼンの顧客の一員です。そのソフトウェアのSMBバージョンはユーザーあたり月額約25ドルで稼働し、エンタープライズバージョンの料金はユーザーあたり月額約40ドルです。

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Clarizenの製品担当副社長のレイチェル・ハダス氏は、プロジェクトチームがソフトウェアに合うようにワークスタイルを容易に適合させる作業パイプラインをシームレスに統合するソリューションを作成することを最優先課題としています。

4月には、iOSとGoogle Android用のモバイルアプリケーションと、Microsoft Outlookと統合されたブラウザベースのプロジェクトツールバーを開始しました。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル