アップルは音楽を合法化することを目指す。

Appleは違法コピーを心配することなく、ユーザーが音楽、ビデオ、写真を互いに直接共有できるようにする特許を取得しています。

2011年に提出され、今月初めに授与されたこの特許は、iPhoneとiPadユーザーが互いにコンテンツを簡単に共有できるようにすることを目的としています。

このシステムはMac、iPhone、iPadsが他のAppleデバイスとドキュメントやその他のコンテンツを共有できるAirDropと同様の方法で動作します。しかし、デジタル著作権ソフトウェア(DRM)によって保護されているコンテンツは共有できません。

この特許は、iTunesからファイルのコピーをダウンロードする代わりに、音楽やビデオファイルを(AirDropなどの手段を使って)ライセンスを取得した後に他のユーザーと共有する方法について説明しています。

今年の最大のテクノロジー展は終わりに近づいています。バーチャルリアリティ、ウェアラブルテクノロジー、PC-on-a-stick、次世代チップなど、私たちが見てきた最高のテクノロジーです。

特許によれば、このピアツーピア共有システムには、コンテンツストア所有者の帯域幅の削減などの利点があります。つまり、アップルのデバイス所有者は、ファイル共有システムを使用するために、より安い費用でファイルを再生するライセンスを提供されることでインセンティブを得ることができます。

ピアツーピアの技術は、違法なファイル共有者が広く使用するかもしれないが、アップルはファイルシステムの著作権侵害を減らす可能性があると述べている。

近くのファイル共有を通じて安価なコンテンツを提供することで、これによりユーザーはデジタルコンテンツユニットの交換やコピーを許可したり、これらのコピーを許可することができます。そのような共有は、著作権侵害または違法コピーを減らす可能性があります。これは、デジタルコンテンツユニットの正当なコピーに1つ以上の権利を有する機会費用が削減されるためです。

「サムスンとTモバイルは5Gトライアルで共同、クラウドはEMCとの契約を終えたマイケル・デル:「何十年にもわたって考えることができる」ネットワーキング、今秋にNFLサッカーをオンラインで見る方法、Internet of Things、クアルコム、AT&ドローンは4G LTEネットワークを使用できます

Appleは常に技術を発明し特許を取得しており、AppleのモバイルソフトウェアiOSの後継版になるという保証はありません。

カリフォルニア州クパチーノに本拠を置くテクノロジー大手は、これまで「海賊」の水域に足を浸してきた。 2011年、AppleはiTunes Matchを導入しました。これにより、所有している曲(法的にもそうでなくても)をアップロードするために年間約25ドルを支払うことができ、利用可能な場合はより高品質のバージョンを受け取ることができます。

当時、アップルはiTunes Matchの利益の一部を権利所有者にロイヤルティーの形で分け与えて著作権を侵害していた音楽を「合法化」していたという結論に達しました。

クラウドベースのサービスは、引き続き企業の信頼と収益を生み出します。

同社のiTunes部門の収益は、2011年第4四半期の729百万ドルから3年後の同四半期の46億ドルへと変化したが、内部部門の変更はわずかであった。

Appleには金曜日のコメントはすぐには届きませんでした。

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

?今秋、NFLサッカーをオンラインで見る方法

ドローンが4G LTEネットワークをどのように使用できるかをテストするクアルコム、AT&T